関連ニュース
お知らせ

2018/9/7
【受付終了】
海洋開発 国際シンポジウム
日本が技術大国になるために
~2030年に向けた海洋石油・ガス開発の技術戦略~




 海洋開発の中でも、世界で投資額30兆円を超える巨大な市場規模を有する海洋石油・ガス分野。日本の高い技術力をベースに戦略的に取り組んでいけば、この魅力ある市場で技術イニシアティブを取っていくことが可能です。またその技術力は、将来のメタンハイドレートや海底熱水鉱床等の開発にも大いに役立つと期待されます。
 一方、技術イニシアティブをとるためには、市場のニーズの的確な把握とともに、豊富な経験をもつ海外との連携が欠かせません。
 日本財団では、昨年度より海外と連携して、人材育成や技術イノベーションの取り組みを進めて来ました。本シンポジウムでは、海洋石油・ガス分野での技術イノベーションの促進を図るべく海外の海洋石油、ガス開発のキーパーソンによる講演や連携プロジェクトの発表を行います。


【開催日】2018年10月2日(火)13:30~
【場 所】日本財団ビル(東京都港区赤坂1-2-2)
【主 催】日本財団
【言 語】日英 同時通訳
【参加費】無料 
*応募者多数の場合、抽選とさせて頂きます。
*当日の参加につきましては別途参加証が必要となりますが、9月27日(木)までに登録いただいたメールアドレスへご案内いたします。

【プログラム】*内容、時間は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

13:00 開場・受付
13:30-13:35 開会
開会挨拶:日本財団 常務理事 海野光行
第一部講演
13:35-14:00 講演1 海洋石油・ガス開発と技術ニーズ
John O’brien - Chevron 技術統括マネージャー
14:00-14:25 講演2 DeepStarの取組み
Shakir Shamshy - DeepStar Director
14:25-14:50 講演3 スコットランドにおけるサブシー分野の技術開発
Tony JA Laing - National Subsea Research Institute (NSRI) Director
14:50-15:05 講演4 海洋石油・ガス開発に係るスコットランド政府の取組み
David Rennie スコットランド開発公社 石油・ガス部長
15:05-15:15 海洋エネルギーに関する日本財団の取組み
吉田正則 日本財団海洋開発人材育成推進室 室長
15:15-15:30 休  憩
第二部講演
15:30-17:00 スコットランドとの連携プロジェクト発表
17:00 閉  会
※プログラムはコチラからダウンロードできます


・過去の開催報告
2017年
2016年


【問い合わせ】
〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2 
日本財団海洋開発人材育成推進室
E-mail: ocean_innovator@ps.nippon-foundation.or.jp


ページの先頭へ