未来の海を冒険しよう!

EXPLORE THE SEA OF THE FUTURE

「海洋開発」は、未開拓のフロンティア。
ワクワク・ドキドキする冒険で、たくさんの発見をしよう。
キミの海洋開発への挑戦が、
日本の成長に貢献し、未来を創るんだ。

宝の海

日本の深海に眠る、
多くの資源

私たちを豊かにする、
多くの資源があります。
「海洋開発」はまだまだ
発展の余地が大きい
未開のフロンティアであり、
魅力に溢れています。

海洋開発を知る

海洋開発=超成長産業
海洋開発=超成長産業

世界総人口の増加、発展途上国の経済発展により、世界中で増加の一途をたどるエネルギー・鉱物資源需要。
この課題への解決を可能とする巨大な新規供給源の確保の鍵を握っているのが、地球表面の7割を占める海洋。
技術が進歩しているものの、海洋はいまだ未開発の部分が多いフロンティア。

洋上風力発電の成長

欧州
18GW

2018

60GW

2030

300~450GW

2050

出典:IEAのデータより作図

 洋上風力発電は、欧州を中心に、導入・普及のための取り組みが進んでおり、今後、産業として大きな成長が期待されています。
日本においても、洋上風力発電は2030年には2018年の約150倍の設備容量(10GW)の設置が目標として掲げられている成長産業です。

海洋石油・天然ガスの成長

出典:IEA, Offshore Energy Outlook 2017

 海洋石油天然ガスは、年間約30~40兆円の巨大市場で、世界の石油・天然ガス生産量の約3割は海洋油ガス田から生産されています。生産地は北海、メキシコ湾、ブラジル、西アフリカ、東南アジア等の多岐に渡ります。石油は中東および中南米の生産量が増え、天然ガスはアジア太平洋および中東での生産量が増えると予測されている、今後も伸びゆく、海洋開発市場です。

最先端技術

海洋開発の現場は、
無人化する

 現在、海洋開発産業においてもデジタル技術を使用した高速通信、遠隔監視、故障予測などによって、開発現場の省力化、コスト低減、海洋石油・ガス生産性向上が進み、これまでにないビジネスモデルが展開、ゲームチェンジが起きつつあります。

 AUV(Autonomous Underwater Vehicle、自律型無人潜水機)の登場は、これまで人間が容易にアクセスできない地点までダイバーが潜水して行ってきたパイプラインの補修工事などの水中作業を、人間が潜らずとも安全に、そして、長時間行うことを可能とします。

 ASV(Autonomous Surface Vehicle、洋上中継器)は、陸上の通信基地及び海中のAUVと通信を行いつつ、無人でAUVを追従できるため、海底調査等に利用されています。

現場での想いは熱い

自分の領域を増やす絶好の機会! 民間企業・国の方と積極的に交流できる。 学生時から海外への挑戦! 海洋開発に関わる実際の物を見たり作ったりできる又とないチャンス! 興味があるのであれば、とことん突き詰めてほしい! チャレンジすれば、思わぬところまでいける可能性ある!